FC2ブログ

ハイパー放牧場

ロリ系のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇場版まどかマギカ観てきました(ネタばれ注意)

前編は10月の時に観て、後編を今日観ましたので、まとめて感想を書いてみます。


…………


………


……感想を書こうにも何を書けばいいかわかりません。





というのも、以前からまどマギは私の中で「罪と罰」や「七人の侍」に並ぶ傑作中の傑作として君臨していましたが、今回のを観たことで以前とは比べ物にならないほどの神々しさをもった神聖さの象徴へと格が上がりました。

そのため、そんな崇敬の念すら抱かせる至高な存在を一介の大学生なんぞの言葉をもってして評価したとして、ここに書きこまれた文字の羅列が果たして「まどマギ」の魅力を十二分に読み手に伝えることが可能たりえるだろうか―――――――

また、その魅力を伝えれなかったという結果は、私にとってまどマギの価値をいたずらに貶めるような罪悪感を感じさせるはず。そして、「的確たる魅力を伝えるに至らない解説をする」という行為はまどマギの神聖さを冒涜する行為と同等ではないだろうか―――――

以上のように私は常に懸念を抱かずにはいられないため、残念ながら感想を書くことができません。






もし、書くことが許されるのであれば、「私が涙した場面」という神聖さの本質を汚すに至らないだろう、限定的な場面を2つだけ書こうと思います。


・ほむほむの過去の話において、逃れようのない悲運に打ちのめされたまど×ほむが誰かのためを想って流す涙に激しく心を動かされた。ひとえに大切な者にのみ向けられるその悲痛な嘆きは我(が)というものが存在せず、それは無駄のない美的な旋律として感じられた。


・まどかが魔法少女になると決意し、多くの魔法少女たちが救われていく場面。
自分の持てる一切を犠牲にして、少女たちが断ち切れなかった嘆きの連鎖を消し去ることで救いを万人に等しく与えていく姿は、まさしく「無償の愛」といえるものだった。そして、己を完全に捨て去った、その我のない祈りは先ほどから私が述べていた「神聖さ」というものを輝かしいまでに体現し、未だかつてない美的な眩さをもってして私の涙腺を崩壊させた。


同じように黒澤明の「姿三四郎」でも、兄貴が柔道の試合に勝ちますようにと神様にお祈りをささげる少女を目にした三四郎の師匠(だった気がする。違ってたらすみません)が
「あの美しさはどこから出てきてるか分かるか?祈るということの中に己を捨てきっている。自分の我を去って、神と一念になっている」
と三四郎に語るシーンがあり、彼女の祈りの中に神格化せずにはいられない「美」が存在していると述べてます。
この点からも「まどマギ」のテーマでもある「敬虔かつ我のない祈りは何物にも代えがたい美的な神聖さを放つ」ということが、他の作品でも共通していることがうかがえる。




もちろん2013年に公開予定の新作劇場版も見に行く予定です。見に行かないなんてこと、まどマギへの冒涜以外の何物でもないですしね(信者特有の思考)




とにかく、この記事を読んでまどマギに興味を持った人はすぐさま映画館へまどマギを見に行きましょう!TV版を見てなくても総集編なので楽しんで見れますし(総集編特有のカットシーンばっかでTV版未視聴者おいてけぼりって現象が存在しないのも特徴)、魔法少女の変身シーンや戦闘シーンなど多くの場面が魅力的に再編集されているのでDVDを10回視聴組でも楽しめれますぞ。




にしても、記事書くのに1時間半もかかるとは……

ぬわぁあああああああん疲れたもぉおおおおん←(まどマギへの崇拝ゆえ)


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2012/11/28(水) 23:51:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最終話、描き終わりました | ホーム | Call of Duty : Black Ops 2を買いました>>

コメント

お前ノンケかよぉ!(驚愕)
  1. 2012/11/30(金) 19:19:22 |
  2. URL |
  3. やんま #-
  4. [ 編集 ]

この作品を最後まで観た人には、社会の荒波にのまれ疲弊しきったその魂を絶対的な救済へと導いてくれる未来が与えられるでしょう。

というわけで、やんまさんにもお勧めなので、時間さえあれば劇場へLET’GOです!

あと、最高カプは「まど×ほむ」って、それ一番言われてるから
  1. 2012/12/01(土) 14:28:13 |
  2. URL |
  3. ひつじ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hituji793.blog.fc2.com/tb.php/31-65fa2823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。