FC2ブログ

ハイパー放牧場

男の娘のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

フェミニストの(自称)男性

男性だと自称するフェミニストが本当に男性なのかは男性が持つ性欲を汚らわしい悪】とみなしているかどうかで判別できます。

男性の場合だと「そういうことを考えよう」と意識しなくてもムラムラは勝手に浮かび上がってくるもので、この感覚にとにかくやたらと振り回されてしまうものです。

ただ、これは子供のようにワガママ気質で取り扱いが非常に面倒であるが、慣れてくればきちんと制御できるようになってくる。
そして制御できるようになればスポーツでいい汗を流すみたいに、あるいは美味しいものを食べた時に感じる幸せと同じようなものを確実にもたらしてくれるため、その在り方は車と同じような「扱い方を間違えれば大惨事を招くがしっかりと扱えるようになれば人生を豊かにしてくれる」ものだったりします。

つまるところ男性的欲求とはアメコミ映画の『ヴェノム』みたいな凶暴だけど相互理解可能で仲良くなれるヤツ…というのは男性諸君の誰しもが人生のうちで幾度も思い知らされてるでしょう。


さて、

やっとのことで話したかった本題に入るのですが男性でありながらもこの衝動を「制御不可能で切り離すべき悪」とみなしてる人がネット上にいたりしますが、そういった人たちはいったい何者なんでしょうか。


考えられる理由としては3つ。


●怪我の後遺症や病気で男性的欲求を喪失してる

●宗教上の理由で男性的欲求を嫌悪してる

●そもそも男性ではなく女性が演技をしてるだけ




少し前に男性のフェミニストが女性への不当な性差別を訴えつつ、男性性を不当に貶める記事を投稿してて「この発言は男性に対して差別的なのでは?」と疑問を送ったところ会話というか論点が噛み合ってない返答をいただいたことがありました。



具体的な会話内容↓

フェミくん「日本産のポルノ作品に影響されて女性を道具扱いしようとする人がいる。だからポルノ作品は悪だし同じそういうのが世に出回ることで「日本人男性はそういうのが好き」だと思われるのが同じ日本人男性として恥ずかしい」

ぼく「犯罪教唆を目的としたものでないモノに悪い人が勝手に影響受けてるだけで作品そのものは悪くないじゃん。というか日本のポルノ作品が世界中で幅広く受け入れられ商業的に成功したという事実を【悪の芽を蒔いている】みたいに表現するのは不当では?」

フェミくん「だが実際に被害に遭ってる人がいたわけで悪影響が出てる以上、影響を出したものが悪くないはずない」



それまではこのどうしようもなく噛み合わないチンプンカンプンなやり取りの原因が何なのか理解することができませんでしたが、相手が【男性を憎んでるからこそ、あえて男性を演じてることで男性をより効率的に貶めようとしてる女性】と考えればすべてに合点がいくわけです。

いちおう何かしらの理由で男性的欲求を喪失してる可能性も考えられましたが、彼(彼女というべきか?)のプロフィールやそれまでの記事を読ませてもらったところ一度たりとも衝動の欠落に関する情報は見当たらなかったので、つまりはそういうことでしょう。

また、宗教的な思想――――――――すなわち一個人の思想であってもそれを盾に男性嫌悪を啓蒙するのは性差別そのものなわけで、もし発言者が男性だったとしても、思想や言論の自由があってもそのようなヘイトスピーチが許されるはずもないです。許されていいのは『テコンダー朴』の世界だけである。


というわけで、もしネット上で「俺は男性だけど男性のこういうところが気持ち悪いし死んでほしいし女性に対して害悪極まりないから間引かなきゃ…(使命感」とお熱を上げてる自称男性フェミニストがいた場合、その人の発言が男性が持つ性欲を【汚らわしい悪】とみなしてたなら……たいていは演技派俳優気取りの取るに足りない相手なので無視した方が良いというわけです。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2019/05/25(土) 10:24:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【許されざるホモ】男子×学生くんが姉のレオタードで女装オナニー

D6hZJYdU0AAikII.jpgD6hZJYXUIAE92ni.jpg

鏡に映る変態女装“野郎”見ながら興奮してるからホモなんだよ。
平凡で幸せな家庭で姉とも普通に接して普通に仲の良い姉弟として寄り添う少年で、一時期の気の迷いで女装オナニーに手を出しただけでホモじゃない、どこにでもいる普通の思春期男子…


でも、そうはならなかった。ならなかったんだよ、ロック。
だから――――この話はここでお終いなんだ
  1. 2019/05/18(土) 09:47:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2