FC2ブログ

ハイパー放牧場

ロリ系のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

ファイアパンチ考察

最近ジャンプ+の「ファイアパンチ」を読んでます。

読んでて童心に返ったかのようなワクワクが止まらない作品で、中学生の頃に友達の家で「GANTZ」を読んだ時の「何だこの漫画は!!!? こんな面白い漫画あっていいのか??!!!!」という衝撃に近い、叫びたくなるような喜びを感じさせてくれます。



そういえば読んでて思ったけど作者がインタビューで新井英樹先生の「キーチ」や「ザ・ワールドイズ・マイン」に影響受けたと言ってましたが、ホントに影響受けまくってるなーと。

2作ともブッ飛んでる狂人じみた(というか片方は狂人そのもの)主人公を相棒がカリスマへと成長させていき、次第に狂人ではなく神様のような神性を持つ存在として民衆から崇められていく内容。

どの作品も相棒は行動の読めない主人公にイライラしながらも、何だかんだで主人公にベタ惚れ。
彼の偉業や偉大さを世に知らしめるために反社会的な行動も厭わず、自分の将来・親などの親しい人間すらも平気で犠牲にしていき、ブレーキを失った相棒は一種の狂気じみたものを垣間見せるようになっていく。

そして、ひょんなことから主人公を手放してしまった相棒は自分の信仰していた「生きがい」すらも失ってしまい、最終的に想像を絶するような破滅へと突き進んでいくーーーー


ファイアパンチを読んでて最初はトガタが2作の「相棒」ポジションかと思ったけど、最終的には救いを見出したあたり微妙に違う。
そして、ここ最近の話を読んでて真の「相棒」ポジションはサン君だということが良く分かった。

そろそろファイアパンチの連載が終わるとのことで、終始一貫してどうなるか分からない展開だけど「キーチ」や「ザ・ワールドイズ・マイン」リスペクト路線で行くなら、サン君がとてつもない破滅を味わうことになるんだろうと予感せずにはいられない。


多分作品の終わり方次第では人生の中で一番面白い漫画になるかもしれないので、良い意味でも悪い意味でも終わりが気になってしようがないです。




「ケツ穴!」

「使うな!」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2017/11/25(土) 20:47:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぷにケット36




11月12日(日曜)開催の、【ぷにケット35】に参加します。
新刊は習い事帰りのJSに酷いことするコピー本で、スペースは【ぷに26】となってます。

よろしければ是非とも立ち寄ってください♪


  1. 2017/11/11(土) 12:14:45|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0