FC2ブログ

ハイパー放牧場

男の娘のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

ふしぎの海のナディアの感想と匙加減について

アニメ『ふしぎの海のナディア』という作品の1番良いところはナディアが褐色属性の素晴らしさをブラウン管越しに、いたいけな青少年たちに啓蒙しまくっていたことでしょう。
この事実だけでN●K職員は若干アグレッシブさが目立って仕方ない受信料取り立て問題を免罪されてしかるべきと言えるはず(わけねーだろ)
あと、良い点の2番目以下は友情だとか家族の絆とか諦めない心とかでいいんじゃない?(適当)

ところで本作最大の宿敵であるガーゴイルが最後の最後まで「どうせ君たちは私に勝てやしないのだから今すぐには殺さず、もがき苦しんでる様を見てやろう。さぁ頑張りたまへ、はっはっは」という司令塔にしてはあまりにもベリーベリーストロベリーな甘っちょろさというか慢心貫き通した結果、最終回で隙を突かれて逆転サヨナラ負けしてしまったわけで「最初から油断せずにもっと徹底して潰しにかかれよ…」とラスボスのウッカリ屋さんっぷりにガッカリしたわけです。

そしてナディア放送から5年後。

きっと庵野監督はその点をとてつもなく猛省したのでしょう。
次回作のエヴァンゲリオンでは油断や慢心という心の贅肉を一切排除して見敵必殺に徹した結果、劇場版においてネルフ職員を片っ端からキルゼムオールもといジェノサイドする展開をブッ混んできました。

はい。
確かに敵勢力には甘さよりも容赦なさ重視な電撃戦を望んでましたが、ここまで徹底して殺られると「何もそこまで…」という感想しか浮かばないわけで何事も匙加減ってのは大事だよなーとつくづく実感させられるものです。

ただ、その匙加減をガン無視した結果、TV版エヴァとはかけ離れた劇場版特有の殺伐とした魅力や生と死の境界が次第に曖昧になっていく唯一無二の質感を再現できたわけです。
だというなら創作活動にて匙加減は理性を以って意識し行うべきなのか、あるいは匙なんて投げ捨てて直感というセンスというか衝動に従って筆を執るべきなのか、ますます分からなくなってきます。

ホント、創作ってやつは底なしに深いですし、まったくもって訳分かんねーシロモノだと思わずにはいられないです。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2019/02/11(月) 23:45:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガッチャマンクラウズ・インサイトの考察

今期ガッチャマンクラウズ・インサイトの内容が思想・主義の違いによって引き起こされる争いを面白い形で肯定している。


現実主義と理想主義。リベラルと保守。そういった真逆の考え方や在りかたの人たちが激しく議論し合い、それが無意味な争いや悲劇的な結末に繋がってしまうことがある。
それでもそのような失敗を繰り返して学んでいくからこそ、人間は進化していける。愚かながらも着実に前進している。

作中にて、はじめちゃんはガッチャマンの仲間たちが激しく議論し合うとこをみて「キラキラしてる!」みたいな抽象的なことを言ったが、これは衝突による進化を肯定してる。


それに対してゲルちゃんは「みんな一つになればいい。そうすれば争いがない平和な世界になるから」と言っている。
それは争いのない「完璧な世界」に近づく生き方なんだろうが、果たしてそれは「生きてて楽しい世界」なのか?

自己と他者の違いがあるからこそ文化や社会・思想に多様性というものが生じるが、それらの違いによって生じる衝突が悲劇を生むことがある。
それでも省みる―――間違いを再び起こさないようにとあらゆる可能性を模索することで、今までになかった新しい生き方や考え方が発見されることもある。これこそがよりよい明日に生きようとする人間の形――すなわち進化の本質のはず。

映画「ファイトクラブ」で「完璧を目指すな。それよりも進化しよう」というセリフがあり、これは痛みや失敗を恐れて前進を拒む生き方に何の価値がある?という問いかけがあり、これは「殴り合いなどの超自然的状態への回帰」をもってして、本作は進化の本質を説いている。




話をまとめると今期ガッチャマンのゲルちゃんは「完璧」を目指す者で、はじめちゃんは「進化」を目指す者としての対比で描かれていて、どちらが生き方としていいものなのかーっていうのを民意をもって露わにする。
そういうスタンスで話を展開させてくんじゃないかなーと。


あと今現在、安保法案をめぐって右と左とで争ってるが、争い議論し合うからこそ、新しい考え方や見損ねてた利点や欠点が見えてくるわけで「右は氏ね。消えていなくなれば世界は綺麗になる」とかいう人いるけど、たとえ敵対するものがいなくなることで「完璧」へと近づいたとしても「進化」とは程遠いものになるよなーと。

「左氏ね」と言ってる人も同じなわけで、まあ相手を嫌いはするけど、いなくなったらそれはそれで困るはず。


ようするに「仲良くケンカしな」ってヤツなわけで、そのあたり、今期ガッチャマンってすごい旬な話だよなーと思った。


あと、はじめちゃんのオッパイ大きすぎ。ボイイーン。

  1. 2015/07/26(日) 13:27:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0