FC2ブログ

ハイパー放牧場

ロリ系のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

【コミケ96】ノンケ男子くん☆サウナでハッテンホモ堕ち

0_001home.jpg


1_20190804222518c0c.jpg


2_2019080422251901e.jpg


2-2home.jpg


3_20190804222520de9.jpg

【夏コミ✨告知】8月11日(日)開催のコミックマーケット96にて新刊「ノンケ男子くん☆サウナでハッテンホモ堕ち」を出します。

【内容】カワイイ☆ノンケ男子くんが汗まみれ汁まみれの濃厚ホモセックス乱交♪♪♪

塾帰りのついでにサウナで汗流すのにハマってる男子君だったが、あるとき見知らぬオジサンにエッチな悪戯をされたことで彼の中に眠っていた男性同性愛への悦びが次第に目覚めていき…

サウナの熱気と発情したホモスメルで満たされた密室でノンケ君の柔肌に特濃精液をぶっかけ!
続けざまに唾液にまみれたねっとりフェラで雄竿からドピュッと搾精…♥
そして代わる代わる初物処女アナルをギンギンに勃起した野郎マラで貫かれ続け快楽の赴くままに粘液まみれの腸壁で白濁ザーメンを受精しちゃう♥♥♥

他の作品では味わえないハードで激しいホモセックス
♂🌈💕💦をお求めの方にオススメです!!!

スペースは【3日目南1ホール:ト-12a】でメロンブックス🍈📗でも予約を承ってます❗️

【メロンブックス様】https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=543612


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2019/08/04(日) 22:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェミニストの(自称)男性

男性だと自称するフェミニストが本当に男性なのかは男性が持つ性欲を汚らわしい悪】とみなしているかどうかで判別できます。

男性の場合だと「そういうことを考えよう」と意識しなくてもムラムラは勝手に浮かび上がってくるもので、この感覚にとにかくやたらと振り回されてしまうものです。

ただ、これは子供のようにワガママ気質で取り扱いが非常に面倒であるが、慣れてくればきちんと制御できるようになってくる。
そして制御できるようになればスポーツでいい汗を流すみたいに、あるいは美味しいものを食べた時に感じる幸せと同じようなものを確実にもたらしてくれるため、その在り方は車と同じような「扱い方を間違えれば大惨事を招くがしっかりと扱えるようになれば人生を豊かにしてくれる」ものだったりします。

つまるところ男性的欲求とはアメコミ映画の『ヴェノム』みたいな凶暴だけど相互理解可能で仲良くなれるヤツ…というのは男性諸君の誰しもが人生のうちで幾度も思い知らされてるでしょう。


さて、

やっとのことで話したかった本題に入るのですが男性でありながらもこの衝動を「制御不可能で切り離すべき悪」とみなしてる人がネット上にいたりしますが、そういった人たちはいったい何者なんでしょうか。


考えられる理由としては3つ。


●怪我の後遺症や病気で男性的欲求を喪失してる

●宗教上の理由で男性的欲求を嫌悪してる

●そもそも男性ではなく女性が演技をしてるだけ




少し前に男性のフェミニストが女性への不当な性差別を訴えつつ、男性性を不当に貶める記事を投稿してて「この発言は男性に対して差別的なのでは?」と疑問を送ったところ会話というか論点が噛み合ってない返答をいただいたことがありました。



具体的な会話内容↓

フェミくん「日本産のポルノ作品に影響されて女性を道具扱いしようとする人がいる。だからポルノ作品は悪だし同じそういうのが世に出回ることで「日本人男性はそういうのが好き」だと思われるのが同じ日本人男性として恥ずかしい」

ぼく「犯罪教唆を目的としたものでないモノに悪い人が勝手に影響受けてるだけで作品そのものは悪くないじゃん。というか日本のポルノ作品が世界中で幅広く受け入れられ商業的に成功したという事実を【悪の芽を蒔いている】みたいに表現するのは不当では?」

フェミくん「だが実際に被害に遭ってる人がいたわけで悪影響が出てる以上、影響を出したものが悪くないはずない」



それまではこのどうしようもなく噛み合わないチンプンカンプンなやり取りの原因が何なのか理解することができませんでしたが、相手が【男性を憎んでるからこそ、あえて男性を演じてることで男性をより効率的に貶めようとしてる女性】と考えればすべてに合点がいくわけです。

いちおう何かしらの理由で男性的欲求を喪失してる可能性も考えられましたが、彼(彼女というべきか?)のプロフィールやそれまでの記事を読ませてもらったところ一度たりとも衝動の欠落に関する情報は見当たらなかったので、つまりはそういうことでしょう。

また、宗教的な思想――――――――すなわち一個人の思想であってもそれを盾に男性嫌悪を啓蒙するのは性差別そのものなわけで、もし発言者が男性だったとしても、思想や言論の自由があってもそのようなヘイトスピーチが許されるはずもないです。許されていいのは『テコンダー朴』の世界だけである。


というわけで、もしネット上で「俺は男性だけど男性のこういうところが気持ち悪いし死んでほしいし女性に対して害悪極まりないから間引かなきゃ…(使命感」とお熱を上げてる自称男性フェミニストがいた場合、その人の発言が男性が持つ性欲を【汚らわしい悪】とみなしてたなら……たいていは演技派俳優気取りの取るに足りない相手なので無視した方が良いというわけです。

  1. 2019/05/25(土) 10:24:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【許されざるホモ】男子×学生くんが姉のレオタードで女装オナニー

D6hZJYdU0AAikII.jpgD6hZJYXUIAE92ni.jpg

鏡に映る変態女装“野郎”見ながら興奮してるからホモなんだよ。
平凡で幸せな家庭で姉とも普通に接して普通に仲の良い姉弟として寄り添う少年で、一時期の気の迷いで女装オナニーに手を出しただけでホモじゃない、どこにでもいる普通の思春期男子…


でも、そうはならなかった。ならなかったんだよ、ロック。
だから――――この話はここでお終いなんだ
  1. 2019/05/18(土) 09:47:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます、ヒツジンクスです。

このブログを始めたのは漫画を新都社(誰でも参加型のウェブ漫画サイト)に上げ始めたのがきっかけで、本ブログ開始からそろそろ7年経ちそうです。
あと同人活動の方は3年以上経過してる感じです。
なんだか新都社で漫画うpしてた頃が懐かしいですし、あまりにも昔のコトすぎて数年前のことでなく前前前世での出来事のように感じてしまいます。

最初の頃と比べてデッサンやらストーリーやら魅力的なヒロインだとかの表現方法はちょっとはマシになったかなァーーーーーーーーーッ⁉
と、ヘッポコだった頃の自分をどつき回しながら詰問してみたいです。


ところで「どーせ上手くいかなんだし、これでいいや」と不貞腐れの中で惰性と自己満足のぬるま湯につかり続けるのは誰にでもできることですが、「このままじゃ駄目だ!この程度で満足してたまるか!」と更に上を目指して茨の路を邁進するのは誰にでもできることではないです。

その誰にもできることでないことを苦痛に蝕まれながらも不屈の意思を以って成し遂げてしまう人ってのは物語の主人公みたいに最高にかっこいいと思うので、「俺もそういうカッケー奴になったるぞオラアアアアアアアッッッ!!!!!」という勢いというか憧れを忘れずに新年も同人活動に励んでいきます。

というわけで、今年もよろしくお願いしますね。


★追伸:お年玉的な男の娘ホモえっち漫画↓
正月だということで気が緩み過ぎて寝すぎたり食べ過ぎたりして不摂生かますのはよくあることで、それと同じようにアナルが緩み過ぎて、ついうっかりゴム無し生ホモ授精交尾という保健所ブチキレ案件な不摂生かますのは仕方ないことだと思います。
hhh.jpg hhhh.jpg
  1. 2019/01/04(金) 20:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西ま-25a】ロ●凌辱とスプラッター映画【冬コミ】


まやふふ(賢)先生の冬コミ新刊ファミリーアフェア(妹)の巻末に『ロ●凌辱漫画とスプラッター映画』というコラムを掲載させていただくことになりました。
(ブログの禁止事項に引っかかるので一部伏字)

数あるエロ漫画のジャンルにおいて過激かつエロかわいいとして多くの読者たちから支持を集める『ロ●凌辱』というジャンル。
しかし、これを嗜む者の多くが一度でも「なぜ弱者を虐げる作品に魅力を感じてしまうんだ…?」と苦悩に苛まれたことがあるはず。
そして、このジャンルに拒否感を覚える者たちは何度も「彼らは何を考えてこんなものを嗜むんだ…?」と疑念を抱いたことがあるはず。


その答えが本作巻末にて解き明かされます!!!!!


エッチでちっちゃカワイイ表紙にビビッときたなら是非ゲットしましょう♪
 
  1. 2018/12/30(日) 10:01:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ