FC2ブログ

ハイパー放牧場

男の娘のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

爬虫類飼育とサディズム戒め

最近、爬虫類の飼育にハマってます。

フトアゴヒゲトカゲやレオパードゲッコー、ニシアフリカトカゲモドキなど、どいつもこいつも個性的で可愛いったらありゃしないです。
一応、爬虫類の特性として人間に懐くことはないのですが人間に“慣れる”ことはありまして、キチンと慣れてくれれば手の上に載せてナウシカごっこして遊んだりできるので中々楽しいものです。

人生が潤います。

その際に爬虫類どもの爪をシッカリ切らないと、ナウシカごっこ中に鋭い爪で皮膚を切り刻まれるのが難点ですが。




ところで爬虫類を飼育し始めたことで一つトンデモナイ問題が生じまして、

「この子たちをしっかり育てなきゃ…!餓死させたり、事故死させたり、ケージ脱走からの寒空の下で凍死させたりとかは絶対に回避しなきゃ…!」

みたいな使命感めいた義務感―――という名の恐怖に苛まれる日々を絶賛送ってます。
そして、どうやらこの恐怖が己の深層心理にズブッと根元まで突き刺さってるせいで背筋が凍るような悪夢をよく見るように。

具体的に悪夢の内容は飼ってる爬虫類を誤って踏んでしまったり、B級映画に出てくるようなメチャデカサソリがケージの中の子をムシャムシャご馳走にしてたり、母親が夕食用に買ってきた牛肉とトカゲを間違えてステーキにしてしまったり…



夢とは自分が心の奥底に締まってる無意識の想いを荒唐無稽な形で再現するもの―――というのは心理学でも証明されてるメカニズムなわけで、その点から考えると最近自分が見るようになった悪夢はきっと

「生き物の命を預かってるんだから、爬虫類たちが天寿全うするまでシッカリ飼い続けろよ。じゃねーとこんな最悪を見る羽目になるぞ

という深層心理からのサディズム極まる戒めが、悪夢という形で現れたんでしょう。


生き物を飼育することは大変ですが、夢の中ですらその大変さを見せつけてくるあたり、下手に手を抜けないシロモノ。

爬虫類は犬や猫、ウサギと違って3日間食べなくてもわりと平気なのが多い…といえど、慣れてきたからと言ってテキトーに手を抜いて3週間食事抜きにする、アル中ヤク中パンチンカスなネグレクトパパみたいな飼育方針貫いた結果、取り返しのつかないことになるのだけは絶対に避けたいので、その辺に気を付けて愛を以って飼育していきたい限りです。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2020/09/28(月) 23:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント中止

ブログでの告知が遅れてしまいましたがサークル参加予定だった春コミと、7月25日に開催延期した『ふたけっと16』がコロナウイルスの影響で中止となりました。

そのため完成した新刊2冊が販売開始されるのはだいぶ先に――――恐らく今年の10月か11月くらいになりそうです。
それもコロナウイルスが現在よりも更に終息したなら…という条件付きのため、最悪の場合また販売が延期する可能性があります。


楽しみにされてた方には申し訳ないですが、ご了承ください。
  1. 2020/06/27(土) 13:05:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2020年春コミ

コロナウイルスのせいで開催予定だった『ふたけっと16』が延期になり、頒布予定だったスカトロ本がオジャンになりました。

そのスカ本は7月25日に延期した ふたけっとにて頒布およびDL販売と書店委託をする予定で、とりあえず今年の春コミに本作を頒布するつもりはないです。
その代わり、


【童貞を拗らせた結果、最悪の形で自分の人生と周囲の社会秩序を終わらそうとしてる中年童貞をカマホモ娼婦が筆下ろし】


という内容の新刊を春コミにて頒布するので、神妙にしてお待ちください。
 
  1. 2020/03/22(日) 09:50:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふたけっと16 サークルカット


3月21日(土)開催の『ふたけっと16』に申し込みました。

新刊の内容は前作『ノンケ男子君☆サウナでハッテンホモ堕ち』のスカトロ編になります。
そして、今回はそのジャンルで有名な作家さんゲスト原稿 を2p寄稿していただく予定で、かつてないホモ臭と夢の詰まった内容になります。
ぜひご期待ください。

  1. 2020/02/22(土) 12:09:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イラスト制作の依頼について

イラストや漫画制作の依頼は有料じゃああああああああああッッ!!!!



【解説】
自分が描いた絵や漫画を評価されたうえに「貴方の絵が大好きなので、こういったシチュの絵を描いてください!!!」と誰かに依頼されるのは非常に嬉しい限りでして、そういった機会に恵まれることは絵師冥利に尽きます。

ただ最近そういった依頼に「貴方の絵に金銭を払う価値は全くない」という魂胆を堂々と見せつけつつ、こちらに接触してくる方が多すぎる気がします。
いちおう絵を描かない人のために補足しますと、絵を描くという行為は非常に時間と労力を使うモノでして、頭でパパーッと考えたものを鉛筆で速攻書き殴って色付けてハイ完成!というものではないです。

まず初めに大まかなシチュエーションや色合いの傾向、見る人に何を伝えたいのかなどを考えた上でそれが依頼人の意に沿う形になってるかを考慮しつつイメージを練り上げていき、ついでにイラストを描き上げるのに必要な参考資料をかき集めたりして、そこからやっと下書きを始めます。
そして下書きが完成したらペン入れに移行せず、まず依頼人にこの内容で進めて良いか確認→ダメだったら何枚か描き直したものを見せて、大丈夫ならペン入れ(清書)に移行→カラー作業開始となります。

そしてカラー作業が終わったらそれで完成…というわけではなく全体を見直してみて足りない箇所を付け足してみたり、おかしい部分を修正したり、何かしらキャプションを入れてみたりして完成となります。
こんな風に時間のかかる面倒な工程をいくつも踏んで依頼をこなしていくわけで、ハッキリ言うと報酬としてお金貰わないと割に合いません。


同人活動は本業の合間の副業としてこなしてるので、イラストの依頼を受けると自分の休める時間がガンガン減ってくことに繋がるわけで、「無報酬で誰かのために休み時間を削ってまでして絵を描く」のはキツすぎDEATH。
あと長時間机に向かって作業することになるので肩や腰がコリまくってDEATH度数に拍車がかかります。マジやばいDEATH。

しかし、そんな大変な仕事でもと有償であれば喜んで受けさせていただくわけでして、例えるなら社長から土日出勤の残業頼まれるも【残業代はそれなりに色付けて出すよー】と予想以上に魅力的な報酬出してもらえるなら喜んで引き受けるのと同じ原理です。

そういった魅力的な原理の下で報酬を出していただけるうえに礼儀正しく連絡のやり取りができる方であれば喜んで依頼を受けるようにしてます。
報酬だけじゃなく誰かの願いの元に何かを創り上げてく楽しさや嬉しさを体感できるのは良いものです。

それでも中には「無償で描くこと」を前提にイラスト作成の依頼をしてきて、こちらが報酬の話を出すとそのままフェードアウトしてしまう人がビックリするくらい多すぎます。
というか知名度のあるサークルさんからの依頼とかでもそのような失礼をまかり通層とする人がいて、驚きすぎてショック死しちゃいそう。

もしやそういった人たちって、やりがい搾取で俺を過労死させようとしてるの?





まあ、ここまでは単なる愚痴かつ壮大な前振りでして、ここからが本題になります。

最近、イラスト作成の依頼をしてくる人の中で、ある人物から

「絵を描いてくださいと依頼→報酬の話する→ガン無視フェードアウト→数週間たつとまた同じヒトから同じ依頼→報酬の話する→ガン無視フェードアウト→以下繰り返し」

というイヤガラセ以外の何物でもない行為を受けてて、相当頭にキてます。
激おこぷんぷん丸が怒りのあまり失禁と脱糞を繰り返したのちアワ吹いて憤死するレベルです。

その特定の人物から計3回もしつこくダメもとで無料依頼を受けてて、今回で4回目となるとさすがに怒りをブチまけずにはいられません。

というわけで、

イラストや漫画制作の依頼は有料じゃああああああああああッッ!!!!


なので、これからヒツジンクスにお仕事の依頼をしたいと考えてる方はこの点をご理解していただけると幸いです。
 
  1. 2020/02/02(日) 21:22:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ