FC2ブログ

ハイパー放牧場

ロリ系のエロ漫画を描いてるヒツジンクスのブログです

【許されざるホモ】男子×学生くんが姉のレオタードで女装オナニー

D6hZJYdU0AAikII.jpgD6hZJYXUIAE92ni.jpg

鏡に映る変態女装“野郎”見ながら興奮してるからホモなんだよ。
平凡で幸せな家庭で姉とも普通に接して普通に仲の良い姉弟として寄り添う少年で、一時期の気の迷いで女装オナニーに手を出しただけでホモじゃない、どこにでもいる普通の思春期男子…


でも、そうはならなかった。ならなかったんだよ、ロック。
だから――――この話はここでお終いなんだ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2019/05/18(土) 09:47:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【ふたけっと15】アストルフォと汗だくイチャラブ

サンプル表紙 1_201903292146584c4.jpg 2_20190329214700d67.jpg 3_20190329214702b1c.jpg
4_2019032921491142c.jpg 5_20190329214914a48.jpg
【ふたけっと⭐️告知】3月30日開催のふたけっと15にて新刊『アストルフォと汗だくイチャラブ』を頒布します。

内容はマスターの部屋に遊びに来たアストルフォが運動をし始め汗だくになる→発情したマスターに求愛され流されるままにホモフェラからの口内射精、お互いのエッチな汁にまみれながらイチャラブホモセックス🔞💕して最後は気持ちよく種付け射精しちゃいます。

サークルスペースは【I06a】。メロンブックス様にて予約も承ってますので興味のある方は是非♪

◆販売サイト様
[通常版] https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=478736
[限定版✨]https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=490184
  1. 2019/03/29(金) 21:49:00|
  2. 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふしぎの海のナディアの感想と匙加減について

アニメ『ふしぎの海のナディア』という作品の1番良いところはナディアが褐色属性の素晴らしさをブラウン管越しに、いたいけな青少年たちに啓蒙しまくっていたことでしょう。
この事実だけでN●K職員は若干アグレッシブさが目立って仕方ない受信料取り立て問題を免罪されてしかるべきと言えるはず(わけねーだろ)
あと、良い点の2番目以下は友情だとか家族の絆とか諦めない心とかでいいんじゃない?(適当)

ところで本作最大の宿敵であるガーゴイルが最後の最後まで「どうせ君たちは私に勝てやしないのだから今すぐには殺さず、もがき苦しんでる様を見てやろう。さぁ頑張りたまへ、はっはっは」という司令塔にしてはあまりにもベリーベリーストロベリーな甘っちょろさというか慢心貫き通した結果、最終回で隙を突かれて逆転サヨナラ負けしてしまったわけで「最初から油断せずにもっと徹底して潰しにかかれよ…」とラスボスのウッカリ屋さんっぷりにガッカリしたわけです。

そしてナディア放送から5年後。

きっと庵野監督はその点をとてつもなく猛省したのでしょう。
次回作のエヴァンゲリオンでは油断や慢心という心の贅肉を一切排除して見敵必殺に徹した結果、劇場版においてネルフ職員を片っ端からキルゼムオールもといジェノサイドする展開をブッ混んできました。

はい。
確かに敵勢力には甘さよりも容赦なさ重視な電撃戦を望んでましたが、ここまで徹底して殺られると「何もそこまで…」という感想しか浮かばないわけで何事も匙加減ってのは大事だよなーとつくづく実感させられるものです。

ただ、その匙加減をガン無視した結果、TV版エヴァとはかけ離れた劇場版特有の殺伐とした魅力や生と死の境界が次第に曖昧になっていく唯一無二の質感を再現できたわけです。
だというなら創作活動にて匙加減は理性を以って意識し行うべきなのか、あるいは匙なんて投げ捨てて直感というセンスというか衝動に従って筆を執るべきなのか、ますます分からなくなってきます。

ホント、創作ってやつは底なしに深いですし、まったくもって訳分かんねーシロモノだと思わずにはいられないです。
  1. 2019/02/11(月) 23:45:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます、ヒツジンクスです。

このブログを始めたのは漫画を新都社(誰でも参加型のウェブ漫画サイト)に上げ始めたのがきっかけで、本ブログ開始からそろそろ7年経ちそうです。
あと同人活動の方は3年以上経過してる感じです。
なんだか新都社で漫画うpしてた頃が懐かしいですし、あまりにも昔のコトすぎて数年前のことでなく前前前世での出来事のように感じてしまいます。

最初の頃と比べてデッサンやらストーリーやら魅力的なヒロインだとかの表現方法はちょっとはマシになったかなァーーーーーーーーーッ⁉
と、ヘッポコだった頃の自分をどつき回しながら詰問してみたいです。


ところで「どーせ上手くいかなんだし、これでいいや」と不貞腐れの中で惰性と自己満足のぬるま湯につかり続けるのは誰にでもできることですが、「このままじゃ駄目だ!この程度で満足してたまるか!」と更に上を目指して茨の路を邁進するのは誰にでもできることではないです。

その誰にもできることでないことを苦痛に蝕まれながらも不屈の意思を以って成し遂げてしまう人ってのは物語の主人公みたいに最高にかっこいいと思うので、「俺もそういうカッケー奴になったるぞオラアアアアアアアッッッ!!!!!」という勢いというか憧れを忘れずに新年も同人活動に励んでいきます。

というわけで、今年もよろしくお願いしますね。


★追伸:お年玉的な男の娘ホモえっち漫画↓
正月だということで気が緩み過ぎて寝すぎたり食べ過ぎたりして不摂生かますのはよくあることで、それと同じようにアナルが緩み過ぎて、ついうっかりゴム無し生ホモ授精交尾という保健所ブチキレ案件な不摂生かますのは仕方ないことだと思います。
hhh.jpg hhhh.jpg
  1. 2019/01/04(金) 20:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西ま-25a】ロ●凌辱とスプラッター映画【冬コミ】


まやふふ(賢)先生の冬コミ新刊ファミリーアフェア(妹)の巻末に『ロ●凌辱漫画とスプラッター映画』というコラムを掲載させていただくことになりました。
(ブログの禁止事項に引っかかるので一部伏字)

数あるエロ漫画のジャンルにおいて過激かつエロかわいいとして多くの読者たちから支持を集める『ロ●凌辱』というジャンル。
しかし、これを嗜む者の多くが一度でも「なぜ弱者を虐げる作品に魅力を感じてしまうんだ…?」と苦悩に苛まれたことがあるはず。
そして、このジャンルに拒否感を覚える者たちは何度も「彼らは何を考えてこんなものを嗜むんだ…?」と疑念を抱いたことがあるはず。


その答えが本作巻末にて解き明かされます!!!!!


エッチでちっちゃカワイイ表紙にビビッときたなら是非ゲットしましょう♪
 
  1. 2018/12/30(日) 10:01:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ